ブルゴーニュの風景

ホーム >  生産者紹介(地域一覧)  > ドメーヌ・クリストフ・ブリチェック

生産者紹介

Domaine Christophe BRYCZEK/ドメーヌ・クリストフ・ブリチェック

BRYCZEK-1.jpg BRYCZEK-2.jpg


 


 

 

生産者の概要

地区名 ブルゴーニュ
村名MOREY SAINT DENIS
オーナー名クリストフ・ブリチェック氏
創業年1953年
醸造責任者クリストフ・ブリチェック氏
所有する畑GEVREY CHAMBERTIN ”AUX ECHEZEAUX"
CHAMBOLLE MUSIGNY
MOREY ST DENIS
MOREY SAINT DENIS 1ER CRU
農法リュットレゾネ

コメント

ポーランド生まれの彫刻家でもあったジョルジュ・ブリチェック氏は1938年、戦禍を逃れるように単身フランスに渡り、ブルゴーニュでワイン生産者としての修行を始め、ドメーヌは1953年に創設されました。ブリチェック家は、バチカンの洗礼を受けており、彼のワインカーヴの中は教会のように見事な装飾が施されています。その強烈な信仰心で同じポーランド出身だった前ローマ法王ヨハネ・パウロ2世の法王就任に感激し、所有するモレ・サン・ドニの最高のキュヴェに「キュヴェ・デュ・パプ・ジャン・ポール2世」と名付けています。これはバチカンの許可も受けています。栽培は有機肥料を使用し、除草剤は使用しません。厳密で細やかな剪定と芽掻き作業によって収量を制限しています。(ブドウ樹一株あたり、収量は6?8房)収穫は手作業で行い、果実を傷めないよう小箱を使用。古樹のブドウをふんだんに使い、古典的な醸造法で造られるワインは清澄のみを行い、濾過はしません。凝縮感のある味わいと芳醇で強烈な香りを持つワインは十数年の熟成が十分に可能です。2003年より先代・エドワード氏から息子のクリストフ氏へと代替わりしています。