ブルゴーニュの風景

ホーム >  生産者紹介(地域一覧)  > ピエール・ジモネ・エ・フィス

生産者紹介

Pierre GIMONNET & Fils/ピエール・ジモネ・エ・フィス

P_GIMONNET-1.jpg

 

P_GIMONNET-2.jpg

 

 
 

生産者の概要

地区名 シャンパーニュ
村名CÔTE DE BLANC
オーナー名ミシェル・ジモネ氏
創業年1936年
醸造責任者ディディエ・ジモネ氏
所有する畑CRAMANT
CHOUILLY
CUIS
WebサイトURLhttp://www.champagne-gimonnet.com

コメント

ピエール・ジモネはシャンパーニュの中心地、ランス近郊で18世紀からぶどうを栽培するメーカーです。1730年からコート・ド・ブラン地区Cuis(キュイ)村で葡萄栽培を開始し、1936年よりぶどう栽培、醸造、瓶詰め、販売まで一貫して行うレコルタン・マニピュランとして、シャンパーニュを生産し始めました。合計26ヘクタールの畑を所有し、14ヘクタールをキュイに、12ヘクタールをクラマンに所有しています。
シャルドネ100%で造られるシャンパンは濃密で力強さを持ちながら繊細さも備えた味わいが特徴です。醗酵から熟成までのあらゆる段階で厳格きわまる基準を貫くことによって、フィネスを閉じ込めた素晴らしいシャンパンが出来上がります。最高の畑から収穫されたぶどうはピュアな果汁だけを使用し、低温で長時間に渡り1次醗酵が行われます。澱からくる独特の香りを最小限に抑え、果実そのものの豊かな香りを出す為に、2次醗酵は瓶の口を下に向けて行われます。
徹底した少量生産と発酵、熟成で厳格な基準を貫くことで、ピエール・ジモネのシャンパーニュは6ブランド全てにおいて、ジモネ最大の特徴であるフィネスを感じる事ができます。フランス・ワイン専門誌La Revue de Vins de Franceで5つ星の評価を受けています。元々はフランス国内で80%以上が消費され国外では稀少なシャンパンです。